メディア グラフィックス トップページ > 事業紹介 > 高品質印刷・加工 > 品質技術

化粧品および文化芸術の高品質印刷・加工

高品質管理システム High quality managerial system

高品質印刷のためには、人の目だけでは十分とはいえません。
そこで弊社ではハイテクノロジーの搭載により、色調を安定させ印刷不良の発生時は自動排除を行うなど、
印刷不良を極力なくし高品質印刷を実現しております。

SYSTEM01 校正刷モード管理 SYSTEM02 オフ輪品質検査装置

コモリPDC-SII(分光式色調管理装置)装備。ベタ濃度及び、ドットゲインなどを数値管理し製品の品質を維持します。

Q1.

「分光式色調管理装置」とは、具体的にどのような装置ですか?

Q2.

校正刷モード管理を行う上で、常に気を付けている点はありますか?

カメラによる濃度管理を行い、高速印刷中の製品を検査します。また、トラブルによって出た印刷不良を自動で排棄します。

Q1.

この装置を導入したきっかけを教えてください。

Q2.

この装置を導入したことで、改善された点など教えてください。

SYSTEM03 製本加工管理 SYSTEM04 物流管理

CCDカメラによる乱丁検査装置、ズレ・タレ検査装置、厚さ検知器を設置し、作業中も規定に沿ったサンプリングを行うなど、徹底した品質管理を行っています。

完成品の出荷検査を行い、仕分け作業後、全国へ発送します。

高品質を保つための取り組み

高品質を保つ為に、個々の意識を高め、色に対するこだわりや機械整備に対するこだわりを持つことで、
よい製品を作り出しています。その取り組みの一環として、CMSや年間機械整備計画を執り行っています。

ACTION01 CMS調整・管理 ACTION02 年間機械整備計画

常に安定した色調を出す為にCMS(カラーマネージメントシステム)を行い、印刷機から簡易校正まで一貫した管理を行っています。

Q1.

「CMS」って何ですか?

Q2.

「CMS」を使ってどのような基準(方法)で、印刷色を決めていますか?

Q3.

「CMS」の調整・管理で難しいところはありますか?

Q4.

「CMS」導入によって、改善された点はありますか?

1年間の整備計画に沿って機械整備を行うことにより、製品の品質維持と突発的なマシントラブルを無くします。


ページトップ